睡眠不足のやる気のなさよ

今日は眠い。いつものように間取りを考えていたら日が変わっていた。
眠さの改善には睡眠サイクルや眠りの環境などの見直しも必要だけど、取り急ぎ今日の眠気をどうにかしたい。やる気がないです。

つなぎ睡眠として

私のように電車通勤であれば、少なくとも目は閉じて通勤できる。睡眠学習なんてのも効果があるかもしれないので、聴ける教材は入れておきたい。
スキマ時間をつなぎ睡眠として確保できれば眠さがおさまることも多い。
私がやってみて効果があったのは20分睡眠だ。
例えば12時から昼食という場合、最初の30分で食事やその他の用を済ませる。残りの30分を睡眠と準備にあてる。
コーヒーはお好き?
まずブラックコーヒーをホット〜温めで1杯飲む。タイマーを25分にセットする。
静かな環境、もしくはヒーリング音楽を聴きながら、なるべくリラックスできる体勢で寝る。もちろんイスでも良い。
すると5分くらいで目と頭が休まり、比較的簡単に仮眠状態に入れる。意識がなくなる程の睡眠ではないのでそこはご承知のほど。
タイマーが鳴り、目が覚める。目覚めは、、、イイ!

ありがとう、カフェイン。

実はコーヒーのカフェインが効いてくるのが飲んでから20分くらいだそうだ。ちょうど目覚めのタイミングで効いてくる。
なのでスッキリして目が覚める。この程度の時間でも脳は休息ができるので、午後イチの仕事が集中できる。
集中力が落ちてきたらすぐ休憩。5分でも目を閉じる。これで集中力は少し回復できる。
スキマ時間の睡眠で脳と集中力を回復させれば、それをしないで集中力をが途切れてしまうよりはるかに作業効率が上がる。
そこで手早く仕事を済ませて、夜の睡眠時間を確保しよう。
最近の研究では睡眠ががん細胞の増殖を抑える効果があるそうだ。眠いとがん細胞と戦う免疫細胞も寝てしまうらしい。睡眠て大事。
カフェインが睡眠障害を引き起こすこともあるので、20分睡眠にコーヒーを飲む方法は1日1回が望ましい。それと午後4時以降は避けた方がメインの睡眠のためになる。
体験済みだけど効果は人それぞれなので、試してみて身体に合わない場合は普通に昼寝してください。仮眠ができればそれで良しです。