最高の逸品

先日ギフトショーに行ってきた。世の中の動向や流行に触れるにはとても意味のある見本市だ。
とはいえ、たいていのモノはすでに知っているものだ。はっきり言って面白くない。だから、何?という商品や似ている商品だったりする。
ところが今回のギフトショーは新鮮だった。メーカーだけではなく、ガレージメーカーやデザイナーの「クラウドファンド」ブースがあったのだ。
そしてそこには革命的なプロダクトがあった。「GLUDIA燻製器」だ。

3分でできてしまった

燻製というとキャンプでたまにやるか市販のソーセージやハム、チーズで味わうかくらいなもんだ。なんせ手間がかかるし、火加減や煙の処理が大変だ。
ところがこのGLUDIA燻製器、火を使わず燻製ができてしまう。火を使わずということは少なくとも冷燻なのだが、本来の冷燻は熱源が必要だし時間もそこそこかかる。
GLUDIA燻製器は単3電池4本で作動する小さな本体内部に小さな熱源が備わっており、少ない量のチップで燻煙を作り出してチューブで送り出す仕組み。

煙は熱くない。ブースでデモンストレーションを見ると、お皿にポテトチップスを並べて燻製器のホースをちょこんとセット。ガラスのフタで煙を閉じ込めて(密閉はしてなかった!)3分待つというシンプルオペレーションだった。
まさかこれで燻製ができるわけ、え、ナニコレ、燻製じゃん!?

クラウドファンドは面白い!

感動して写真を撮りそびれるという不覚。それくらい感動した。全然面倒がない!
クラウドファンドなので一般から資金を調達して製品開発が進行する。そのためマスプロダクトと比べるといくらか高い値段設定に感じるかもしれない。
それでもこの手軽さで燻製ができるなら、燻製好きには安いものかもしれない。
この記事を書いている現在は10%OFFで募集している。リンク貼っておきます

GLUDIA燻製器

我が家では家内相談案件として進行中。壊れないで長持ちするなら、アリだと思うんだよなあ。