ワイシャツだね
スポンサーリンク

ストレスのある服

私服の制服化は時間やコストの節約になるけど、必ずしも快適性を伴うとは限らない。
私はオフィスカジュアルに近づけた格好をしているけど、アクティブになれるかと言えばそうでもないし、ストレスもあったりする。
例えばシャツ。私はパンツは作業服メーカーのストレッチパンツを使っていて快適なんだけど、シャツはドレスシャツを着ている。
夏は暑く、冬はシャツの上にジャケットなど着るけど、満員電車なんかでヒジを曲げるとすごくヒジが突っ張る。
なんとヒジが突っ張りすぎてシャツがビリっと裂けたこともある。非常に窮屈だ。
シャツに関してはストレスが大きい。

快適な〇〇〇シャツ

なんとはなしにイオンの紳士服売場を眺めていた時のこと。たまたまセールをしていたのでシャツでも見ていくかと立ち寄った。
まあセール品は高かったりデザインがウケなそうなシャツが半額になっていた。これは要らない。
セール品ではないシャツに目が止まった。
快適ニット素材?
ニットシャツだ。間違いない。正確には「ネオフィットシャツ」という名前だ。

お値段以上

超接近しない限りはドレスシャツ。まあワイシャツだね。

ワイシャツだね

でも素材は少し目の細かいポロシャツだ。後から調べたら「ビズポロ」とか「ニットワイシャツ」なんていう呼ばれ方をしているらしい。
早速試着してみた。超快適だ。
生地はキツくなく柔らかく体にフィットする。ヒジを曲げても突っ張らない。適度な通気性があって、これだけでは冬は寒いけど、ヒートテック等と合わせれば問題ない。
見た目も変にシワがなく(ネットで見た安いニットワイシャツは着ジワがあった)スーツでも合わせられる。
ワイシャツとしての設計だけにカラーバリエーションは多くはないが、ストライプ柄などそれなりに選択肢はある。問題ない。

カラバリ

ポロシャツと同じだから洗濯も楽だ。傷まないようにネットには入れるけど、神経質になることはないだろう。

モノによっては袖もニット。

登山行くか

あまりにも快適すぎて「日曜日のお父さん姿」すらコレでいいと思う。コレを着てたらすぐ仕事に行ける(行かない)し、ということはコレを着て寝たら翌日の朝の時短にもなる(かもしれない)。
あの人いつも同じ格好だよね?とか思われてもいい。快適なのにドレスコードにも引っかからないシャツなんてないよね。しかも着ても洗ってもシワが寄らない。ズボラさんにもありがたい。
今月はデカイ出費があって買い控えしてみる。でも春が訪れる来月以降はランチェンのつもりで買い替えようと考えている。
コレで高尾山あたりテストしようかなと企みが浮かんだところで現場からは以上です。

トップバリュ ネオフィットシャツ(検索結果)

以前の記事「ミニマリストになるために 私服の制服化」

スポンサーリンク
おすすめの記事