スポンサーリンク

空間の演出は「明かり」によるところが大きい。自然光もそうだし、照明の明かりも大切だ。
そして明かりから受ける影響が大きいのは「壁紙」ではないかと。
選びたいけどどれがいいのか。

標準はリリカラの。

先日、現場監督さんと照明やコンセントについて打ち合わせをした。壁紙については上棟後ひと月くらいまでに決めて下さいと言われた。
その際サンプルが添付されたカタログをお借りした。そのカタログの商品であれば標準仕様として選択できる。
ところがちょうど3月4月はカタログの更新月のようで、借りたカタログでは選べないものが出てくるかもしれないとのこと。
後日確認したところ、県民共済住宅で標準仕様として選べるのは2018年3月末現在ではV-WALLというシリーズだそうだ。

早速PDFをダウンロード

結構容量の大きいデータが用意されている(107Mb)。よりリアルな質感を見たい場合は大きいファイルがいいと思うけど、サクッと見たいなら少しだけライトなもの(60Mb)をこちらに用意したのでどうぞ。
とりあえず通勤時間で調べておくとするかな。良さそうなのが見つかるといいんだげど。
とは言え現物確認はやはりショールームに行かないとだめだ。埼玉から近いショールームは新宿にあるみたいだね。

激混みじゃないか

ショールームは打ち合わせについては予約必須のよう。下記のページを参考にどうぞ。

リリカラ東京ショールーム

ただ3月の初めくらいに予約の電話を入れたけど、既に3月は予約で埋まっていて、4月の土日も空きがなかった。平日でも埋まっている曜日が多く、かなり前からスケジュールを組む必要がある。
間近だと大変だから、家の契約が済んだらすぐに予約した方が良いかもしれないね。
私のようにのんびり屋だと色々と県民共済住宅から突っつかれます。これとこれは決めておいてくださいってね。他の方のブログを拝見すると県民共済住宅はこちらから突っつかないと遅い、動かないとかそんなことが書かれているけど、そんなことないな。しっかり進んでますな。
ただ基本はこちらが動く必要があるので、やっぱり早めの行動が良いには違いない。リリカラはそんな訳で早く予約をするのが好ましいです。

時間があればこちらもどうぞ。



スポンサーリンク
おすすめの記事