スポンサーリンク

早い、早すぎる。
我が家の外構はまだ契約すらしていないけど、
おかげさまで順調だった工程はもう最終段階。
あれ、もう引っ越ししちゃう?

中はまだ途中だったけど

毎週末は見学の日。差し入れを持って検知器中の我が家にお邪魔する日だ。前回は壁紙屋さんが作業していて、一部天井にクロスが貼られていた。
他には、大工さんはすでに仕事を終えたのか、後付けできそうな手すりなど以外は見当たらなかった。ありがとう大工さん。
照明はまだ入っていないけど、ダウンライトの予定箇所には配線と穴あけがされていた。そろそろ大詰めだ。

外壁

2週間くらい前に差し入れをもって見学に行った時に外壁の祝人さんとお会いした。「ご主人、〇〇のお宅より良いお家ですよ」と小声で教えてくれた。「待ち遠しいですね!」はい、早く住みたいです。
ALCの外壁は2週間後にはシーリングまで仕上がっていた。すでに職人さんも現場を後にしていた。出会いと別れは短い。時間があればもっとゆっくり話してみたかったな。ありがとうございます。
ALCは最初は未塗装。取り付けが終わってから塗装される。ちょうど歩いて10分くらいの近くのマンションでも外壁塗装が行われているらしいけど、配慮がなかったのか、風で塗料が舞って車のボディについてしまうという事件が発生しているらしい。
県民共済住宅ではご近所へのケアとしてご近所の車にはカバーをつけて対処してくれている。天候にも恵まれて、おかげさまで外壁塗装は順調。週末にはオプションのデュラ光の吹付け塗装も予定されている。
こちらの配慮としても、ご近所さんには騒音や日々の車のカバー掛け外しなど少なからずご迷惑をお掛けしているので、早い段階でご挨拶に伺おうと思う。不在の場合もあるしね。

え、もう引き渡し?

そんな中、監督さんから電話があった。「順調に進めばですが、2週間後に最終確認を施主様立会で行います」
確かに順調に進んできたけど、上棟からちょうど2ヶ月だ。予定ではバッファも含んでいるけどあと反月はかかるはずだった。それだけ上手く進んでいるということか。そう信じたい、信じよう。
ただその立会の日は平日だ。細かくチェックする必要もあるし、仕事は休まないといけないな。
最終確認が住んだら1週間後に引き渡しになるという。早いなあ。外構どうするかなあ。

外構

当初から予定しているホームセンターでの外構相談は来週末。そこをベースにしようと考えているわけだけど、業者選定前に引き渡しになりそうだ。水はけがあまり良くない土地なので、コンクリートを打ってもらわないと駐車スペースが使えない。急がないとならない。
ただ、監督さんから県民共済住宅提携の外構業者さんを紹介してもらえることになったので、業者さんに相談して考えようと思う。知らない業者(初めてだからどこも知らないけど)に頼んでトラブルになるケースも多いと聞く。建物が破損した、無理やり地面を掘り起こして配管が破損した、なんていうケースだ。
県民共済住宅提携ならやりとりは直接こちらと業者さんとで行うけど、なにかトラブルがあった場合には県民共済住宅が仲介してくれる。もちろんそうならないことに越したことはないけど、何せ初めてなので「安心」は大きなメリットだ。
今週は外構イメージを具体化して、つまり現物やドンピシャ画像で相手に伝わるようにして備えておきたい。
ちょっとのんびりしてきたので今月の残りはバタバタかな。でもうまくいく。自分でコントロールできない流れに身を任せているのにここまでこれているから、変な自信がある。不安がない。
さあ、画像を探そう。グーグル先生よろしくお願いします。
スポンサーリンク
おすすめの記事