オフィスカジュアル
スポンサーリンク
冒頭いきなりのリンクで申し訳ないのだけど、こいつは役に立つ。
どういう事かと言うと、クローゼットの服を減らすためにかなり便利なのだ。後で述べるけど、時短につながるライフハックにもなる。
季節の変わり目は衣替えの時期。毎年少しずつ流行も変わり、何かと衣類は増える傾向にあるかと思う。
私は流行は気になりながらもベーシックな服装になるようにしている。理由はかんたんで、流行にならないから毎年着てても問題ないということ。あまりに流行に乗りすぎてしまうと、すぐに着れなくなっちゃうもんね。

クセのないものを選ぶ

更に改善するとミニマリストに近づけそうな気がしている。そのやり方は「私服を制服化する」ということだ。
どういうことかというと、ベーシックな服装、例えば私の場合はオフィスカジュアル的な「シャツ・パンツ・ベスト(あるいはジャケット)」をそれぞれ色違いで3種類ずつ持つことにしている。
オフィスカジュアルにすることで仕事でも普段着でもオンオフどちらも使える仕組み。色合わせを変えることで、同じ組み合わせでも3パターン、頑張れば9パターンの組み合わせが可能だ。
仕事でもスーツが一着あれば、あとはオフィスカジュアルで充分。必ずスーツが必要なときだけ着替えれば事足りるからね。
毎日同じような格好でつまらないと思うかもしれないけど、案外慣れるもの。それに、毎日の「服を選ぶ作業」が確実に簡略化されるのでかなりの時短になると思う。服が多いとそれだけ迷ってしまう。
更にクローゼットがだいぶ片付くから素晴らしい。1年間着ていない服、なんてのがなくなるのでかなりスッキリすると思う。
私の場合は3着分しかないから、気がついたらとても身軽。これが私服の制服化の威力だ。
冒頭リンクのパンツはいわゆる作業服なんだけど、ものすごく軽くて丈夫な作りをしている。膝上あたりに補強がしてあり、脚の曲げ伸ばしへの対策がちゃんととられている。
でも近くで見ないと分からないくらい、あまり目立たない。なので、このパンツとワイシャツを合わせてもかなりスーツスタイルに近づいていると思う。
ジャケットがあればカムフラージュ率は100近くになる。
さらに。伸縮性がありながら、通気性が適度にあるので登山などのアクティビティにも問題なく使えるのだ。さすが作業服!機能面でも優れてる。
気になった方、この機会に作業服というものをよく見てください。登山やウォーキングが好きな方なら尚更。気に入ると思います。
私のオススメはTSデザインのパンツ。快適です。

現場からは以上です。

スポンサーリンク
おすすめの記事