スポンサーリンク
クリスマスプレゼント「ステルス・サンタ」作戦
サンタクロース
スポンサーリンク

親は偉大だ

「クリスマスにはサンタクロースがプレゼントを持って来てくれる」
私は小学4年生くらいまで何となくサンタクロースを信じていた。キリスト教でもなければ一度も会ったことすらないのに。
自分が親になった今、今度はおチビにもひとときの夢を見せてあげたいと思う。
両親になんとはなしにかつてのクリスマスの事を聞いたら「コッソリ物置小屋に隠して、寝付いた頃にコッソリ取り出すの」と教えてくれた。
何だか微笑ましい。親も親で「いい子にしてないとサンタさん来ないよ」と子育てに利用する。私ももれなく利用している。
いいじゃん、サンタクロース。

隠せ!

さて、プレゼントを用意した。おチビの願いは「プニュプニュボール」とのことだ。ここですでに微笑ましい。
どうやら定期検診で通っている歯医者にキッズスペースがあって、そこに柔らかいボールが敷き詰められた小さなテントがあるらしい。
近所の大手スーパーのおもちゃ売り場やポイントが貯まってる楽天市場でも、買おうと思ったら高額かサイズの大きいテントしか無くなっていた。
賃貸で広くない部屋にでかいテントは厳しい。もう少し調べようと楽天市場で探したら、あった。

アウトレットでキズ・汚れがあるそうだが、安いし送料込みだし、あす楽ですぐ届く。
でもレビューには「商品パッケージに送り状が貼られた状態で届いた」なんてある。それではバレてしまう。
そこでこんな作戦に出た。
  • 送り先を会社にする
  • 会社で開封してアウトレットの状態をチェックする 汚れは処理する
  • テントとボールを分けてラッピングする(ラッピングは家でやるも良し)
  • 荷物としてはデカイので、テントとボールを別日に持ち帰る、たぶんショッピングバッグに入る
  • 持ち帰ったものは一旦バイクのトランクに入れるかカバーに隠す
  • おチビが寝た頃に取り出してクローゼットの奥に突っ込む
今日会社に届く予定だ。席の周りには事情を説明した。あとは帰宅ラッシュを少しだけ避けて持ち帰る算段が必要かもしれない。
ちょっとドキドキしている。本当に楽しい。こういうのは宗教とかどうでもよくて、みんな乗っかって楽しむしかないよなぁ。
ではステルスモードに移行する。
追記
品物が到着した。レビューどおりに外箱なしに直接送り状が貼られてきた。

商品はこちら

送り状は「直貼り」さ

それはそれで剥がすとして、内容物はどうなのか。
こうだ。

ボールはこれまたダイレクト

袋詰めも面倒になるわね。これはこれで正しいよ、価格的にも。
ところでどこがB品なんだろう。よく見たら縫製が悪かった。

縫ってないみたい。

持ち手というかループというか、それが片方取れていた。目に付くのはそれくらいで、あとはすこぶるキレイ。
クリスマス以外でも、検品とラッピングを自分でこなせるならかなりお買い得ですな。私の場合は身内なのでこれでよし。
箱ごと持ち帰ってます。バイクのトランクに入るかなぁ?現場からは以上です。

スポンサーリンク
おすすめの記事