スポンサーリンク
テント、カバー、破けてもまだ使える。多用途補修テープは買っておけ。
たぶん最強コスパ
スポンサーリンク

自転車カバーが破けた

あなたの自転車やバイクのカバーが破けました。みすぼらしいし、カバーの役目を果たしません。
あなたならどうしますか?破けたカバーを捨てますか?
わたしは以前捨てました。でも今は違いますよ!捨てるのはモッタイナイ!

その破れ、直せます

実は我が家ではカバーが破れたのは2度目。

ママのお気に入り自転車。

破けたのはショックですが、そういうタイミングってカバーが劣化してて、全体的に傷んでることもあります。紫外線とかね。
1度目はそんなタイミングでした。なので思い切って買い替えました。
しかし今回はカバーを質の良いものに買い替えたのに、強風で自転車が倒れて、その弾みで破けた感じです。

どこかに異変が

ちょ、直角!

破け方が直角なのもそのせいでしょうか。
質の高いものをチョイスしたんですが、強風で倒れたら仕方ない。
だからこそ、今回は修理して使いたい!
そこで色々調べて検討した結果、補修テープで直すことにしました。

多用途補修テープ、価値あり。


3M スコッチ ダクトシールテープ 48mm×27m DUCT-27

購入したのは3Mの多用途補修テープ。防水効果と生地に貼れそうなこと、強度もありそうだったのでアマゾンで即決。

たぶん最強コスパ

500円程度でいろいろなモノが直せるとなったら、買っておいて損はないでしょう。
早速修理してみます。
自転車カバーの破れを確認します。
カバーの表からテープを貼るとそれは目立ちそうなので裏から貼ってみます。

裏から見ても直角

今回は破れがシンプルに直角なので、なるべく元の状態に近づけて、

貼るぞ、貼るぞ。

生地の断面より大きくテープを貼りました。なるべく平らな場所でテープを生地に擦りつけてしっかり貼ります。

しっかり断面を覆うこと。当たり前か。

表に返して、さあどんな感じか。

どうかな?

一応、塞がった感じ。強度はなぜか破れる前よりありそう。

破れた跡はわかるけど、破れる前よりなんとなく強度が増した感じです。引っ張ってもテープは剥がれませんでした。
もし破れる前兆(ほつれや小さな穴)が見つかったら裏から目立たないようにテープを貼っておけば、かなり長持ちさせることができそうです。
裏から貼っておけば思ったほど目立たないと思います。
テント生地にも使えるから、キャンプに持っていけば万が一のときに安心だな。

この多用途感=安心感

雨天時のチェックはこれからですが、パイプの結合部に巻きつけて水漏れを防止できる商品なので、しっかり貼り付ければ自転車カバーレベルは問題ない気がしますね。
これはいい買い物でした。なくなったら補充するでしょう。
スポンサーリンク
おすすめの記事