シリアルバーを自作する。これで添加物を避けて健康に!
チアシードをまぶして

世の中は毒食物だらけ

率直に言おう。市販の加工食品は毒まみれだ。
日持ちさせるため?価格を下げるため?どっちでも体に悪いなら食べないほうがいい。
とは言え、仕事中やその他にも自宅以外で食事を手軽に済ませる方法はないか。
カロ○ーメイトや○ランスパワーはゴメンだ。毒だからね。
得意のブランやシリアルは牛乳と合わせないと食べられない。その牛乳も体には良くないと言われるし。

ということで自作

実はいろいろと試行錯誤してきた。オートミールで済ませる方法や、おからパウダーを使った行動食なんかだ。
それらは結果的には失敗だった。オートミールは改善の余地があるが、美味しく食べるには手間がかかる。
そこで今回はなるべく糖質を抑えて、なおかつ手間のかからないシリアルバー的なものを作ろうと思った。
結論から言うと、ナッツ 'n' チアシード・バーだ。
なんとつなぎにはマシュマロを使う。糖質なんだけど。

早速、作る。

手順はこうだ。
  • ①マシュマロをレンチン(健康的ではないが簡単)する。600Wで40秒ほど。
  • ②膨らんだマシュマロにミックスナッツをぶちこむ。
  • ③チアシードをまぶす。
  • ④皿の上でスプーンでこねる。
  • ⑤固くなったらクッキングペーパーに包んで平らになじませる。
となる。この間だいたい5分くらい。
以下画像でお楽しみください。

マシュマロをレンチン

ふわふわ。

ナッツを入れて、

チアシードをまぶして

スプーンでまぜる

クッキングペーパーにのせて

包んで平らにして完成。

チアシードが量的にちょうど良く混ざると、水分を吸ってサクサクに仕上がる。
逆に少ない、マシュマロが多いとベターッとした仕上がりに。ソフトキャンディのような感じ。
後者の仕上がりの場合でも、冷凍すればカリッとサクッとした食感で食べることができる。
いずれにせよ水分量は少なくなっているから、夏でも傷みにくいと考えられる。
そして手軽に美味しくいただけるから、いいんじゃないかな。
参考までに今回の使用量で栄養を評価、といっても私はカロリーは考えず、あくまで栄養素の方で評価なんだけども、
マシュマロが25g、ナッツが21.5g、チアシードが10gほど。ナッツの表示に食物繊維が書いてないので完全ではないが、それぞれの栄養素を合算すると、
タンパク質が6.3g、脂質が14.6g、糖質が24g、食物繊維が3.3gとなる。糖質が少し多いが手軽に作れてそのまま食べられる行動食として優秀なんじゃなかろうか。何より無添加がイイ。

マシュマロ

チアシード

ミックスナッツ

ちなみに写真でもわかるけど、チアシードは炭水化物のほとんどが食物繊維なので、ナッツをやめてチアシードを増やせば糖質はさらに少なくなる。糖質が気になる人はこちらで。
チアシードは歯に挟まるのでそこだけは注意のほど。現場からは以上です。
おすすめの記事