ピノアース
スポンサーリンク

大詰めだ。間違いなく順調に進んでいる。
いや、順調すぎる。
とりあえず今の仕上がりを見てみた。

まもなく施主チェック

引き渡しまであと1周間。外構はまだ見積もり依頼しかできていないけど、どうやら住める環境にはなってきた。
2日後には監督さん立会で施主チェックが行われる。午後は住宅ローンの金消契約と火災保険の契約というダブルヘッダーだ。忙しい。
そこで「プレ」施主チェックということで内観を見せてもらうことにした。

忙しいのでざっくり

ちょうどこの日は玄関ポーチの仕上げが行われていた。ついでに言うと外構の見積もり依頼で県民共済住宅で紹介してもらった業者さんも現場確認に来てくれた。
見積もりが終わってから、玄関ではなく庭側の窓から部屋に入った。ざっくりと予定と違うものはないか、キズはないかを確認。いくつか気になるものは見つかった。プレ施主チェックを行ってよかった。

本題:無垢床

これまでも何回か職人さんへ差し入れを持って現場には来ていた。来るたびに色々と進んでいて「早く住みたいな」気分が高まった。それと職人さんへ、この家に携わる人に感謝の気持ちが湧いた。
そしてこの日、はじめて無垢床が備わったLDKを見学できた。クリーニング前なのでまだ粉っぽい室内だったけど、ウッドワンのピノアースは柔らかく迎えてくれた。下の写真はそんな1枚。

ピノアース

白い壁紙とマッチしている。これが経年変化で少しオレンジ系に変わってくるとは思う。でもこんな風合いなら他の部屋にもピノアース敷いておけばよかったかもしれない。クローゼットもウッドワンにしたので相性が良さそうだった。
クリーニングが終わって引き渡しが済んだらまた印象が変わるかもしれない。その時は改めて写真を撮ってみよう。
現場からは以上です。

こちらもどうぞ。

スポンサーリンク
おすすめの記事