ブラック拡大
スポンサーリンク
オンオフ履いている革靴たち。CROCS並にすり減るみたい。
シューズドクターを塗ってから約3週間が過ぎた。
その後の様子はどうかな?

摩耗予防

おそらくこの記事にたどり着いた人はすり減った滑るクロックスなどをなんとかしたいという思いが強いと思います。
実際にわたしもそうです。今回(と前回)は革靴の補修ですが、EVA素材の摩耗には頭が痛くなるほど悩まされます。
そこで前回はEVA靴底の摩耗しやすい部分にシューズドクターを塗って保護しました。今履いているのは同型の革靴、色違いで1足ずつ日替わりで履いていますが、3週間ということはそれぞれ1週間ずつ以上は履いたことになります。

意外といいぞ

同じ形の靴なのですり減り方はほぼ同じ。シューズドクターも大体同じように塗って履いています。そして靴が傷まないように毎日履き替えています。
1日あたりどれくらいの距離を歩いたかは定かではないのですが、通勤だけで30分以上は歩くので少なくとも1日あたり1・2kmは歩いているはずです。
そしてその結果靴底はこうなりました。

ブラウン1

ブラウン拡大

ブラック1

ブラック拡大

↓3週間前がこちら。

 

 


どうでしょう、汚れは仕方ないとして塗った部分はあまり変化が無い気がします。
つまり「EVAは完全に保護されて、摩耗しない。」ということです。素晴らしい!クロックスユーザーにもこれは朗報ではないでしょうか。
もちろんシューズドクターとEVAは異質なのでいずれは剥がれてしまうかもしれません。それはそれ、塗り直せばいい。
本体が長く持ってくれれば、こちらとしてはとてもありがたい。塗り直しでまた延命できるわけですから、なにも問題はないでしょう。

まさに”ドクター”

もっと早く気がつけばよかったですね。クロックスは結構前からいろいろ履いてきたので、すり減り過ぎたら処分していました。
そのころにドクターに出会っていたら、お気に入りの、軽い、オシャレなクロックスが今も履けていたかもしれません。
それでも今気がつくことができたので、お気に入りの革靴は長い付き合いになりそうですよ。ありがたい。
モノというのは持てば幸せになるとは限らないけれども、こうした「直す・治す」ことができる商品は幸せな気分にさせてくれます。
モノを長持ちさせる。これが今の日本には少なくなった気がします。わたしはシューズドクターのおかげで今日も幸せです。ありがとうセメダイン。
スポンサーリンク
おすすめの記事