旅行と家の考察。きれいな空間は価値がある。

気分転換に旅はいいね

我が家は旅行が好き。それも近くなら時間が取れたらじゃなくてすぐに行こうと画策する。
私もすぐに賛同してどこに行こうか考え始める。
ああ、その距離なら泊まりがいいかな。キャンプ場空いてればキャンプがいいかな。
宿を探すこともある。でもたいていはキャンプを優先する。
それは”良い部屋は高い”からだ。当たり前といえばそれまでなんだけど。

それは面白いことを言う

妻がこう仰る。
「いい部屋高いんだもん、そうなるとウチの方が”タダで”くつろげるよねぇ」
我が家は自慢できるとしたら”すごく片付いてはいないけどきれいな空間”だ。
ルンバを導入してから”床にモノを置かないルール”ができた。そうすることで掃除までのハードルがグンと下がって毎日きれいな空間で過ごせる。
片付かないのは私とチビが片付け下手なだけだ。なかなか直らない。
過ごしやすいと旅を画策しても案外行かないときもある。家が好きなのだ。
片付けろと野次はやまないが。

いつでもいける、日帰りだってありさ

キャンプ場だと費用が抑えられる。でも設営と撤収は手間がかかる。
幸いチビも妻もキャンプに慣れてきたので、キャンプには賛成してくれる。
でも絶対じゃないし、日帰りでも楽しむことは十分できるわけで。
そうなるとやっぱり家をきれいな空間にしておくことはなにより重要な気がする。
ルンバの導入は一例として、モノを少なくすることは片づけと掃除のハードル下げに関しては効果大だ。
片付いていれば旅して帰ってきたときの「なんかモヤモヤする」も感じずにいられる。
さあ、不要なものは取り込まず、買い物もしっかり考えてからにしよう。
ちなみに夜ふかし&寝不足は衝動買いにつながるから避けましょう。
おすすめの記事