スポンサーリンク
ゼロ円でも最高の自己投資。図書館は知識の宝庫ですよ。
スポンサーリンク

税金がちゃんと使われてる感。

もっとも身近な行政サービスのひとつ、図書館。みなさんは活用していますか?
わたしの住むさいたま市には25の図書館があり、その中で2016年には浦和美園駅からすぐのところに美園コミュニティーセンターがオープンし、そこにも図書館が入りました。
駅チカなので活用しない理由がありません。しかもさほど大きくない割に蔵書が新しく、幼児から大人まで幅広く役立つ本が並んでいます。
これなら税金払って還元されていると思います。要らん道路工事より何億倍かいいです。

新刊も予約できる

何よりうれしいのは図書が予約できること。もしかしたらあたり前かもしれませんが、最寄りの図書館に在庫がなくても、市内の図書館全体から蔵書を予約できます。
人気の本は貸出中であることもしばしばですが、空きが出たタイミングで予約順に貸出してくれます。市内の図書館から取り寄せももちろん可能です。
また在庫していない新書も要望が多く必要性が認められると市が本を購入してくれるそうです。
で、これらのすべてをweb上で操作できてしまいます。本の検索ももちろんです。利用料はゼロ円!こんなありがたいサービスはなかなかありません。

 
web画面↑さいたま市の図書館web

貸出期間があるからちゃんと読む

興味を引く本はいくらでも世の中にあります。でも本を買った場合、忙しいときは読書は後回しになってしまいがち。
図書館の本は貸出期間があるのでわりと忙しい時でも手に取ることができます。かつ、興味のある本なので、読み出せば惰性でも読み続けられます。
楽しいもんだから覚えも良いらしく、コレが活かせるなら最高の自己投資と言えそうです。

不要な情報に惑わされない

インターネット上の情報は数えきれないほどありますが、必ずしも有意義なものとは限りません。嘘ではないのならまだいいですが、中にはソースがどこなのかもわからないような怪しい情報も、あたかも正しいかのごとくシレッと掲載されています
図書だって中身が必ず正しいとは言えませんが、嘘の内容ばかりを製本していては出版社の信用も崩壊しますし、しっかり選べばネットよりはましだと考えています。
著者との相性もありますが、読みやすい本は一気に読めてどこか納得するところがあります。それに確信が持てた時、世の中の無数の情報は不要に感じると思います。CMとかもね。
まあ大袈裟な言い方にはなりましたが、そんなお気に入りの1冊に出会えるかもしれませんので、近所の図書館もたまには利用してみてはいかがでしょうか。私は週イチで利用しています。予約の本がなかなか回ってきませんが、それも楽しみにしています。
電子書籍も好きですが、紙媒体も時にはいい。溜まって部屋のスペースを占拠しない、時間制のエンターテイナー。家に本棚は要らないかもしれません。
はい、シンプルライフにもつながりました。ではまた。
スポンサーリンク
おすすめの記事