スポンサーリンク
トキメキ再生工場 その断捨離ちょっと待った
銀色が目立ち過ぎちゃう
スポンサーリンク

キラーフレーズ発動

断捨離と聞くと、「ときめきますか?」という究極の呪文が出てくる。それを判断材料にするとお片づけは物凄く捗る。
でも中には判断が難しいモノがあったりする。捨てたいけど捨てられない、かつてときめいて買ったモノだ。
そんなときどうしたらいいか。1つだけやってみてもいいんじゃないかと思えることがある。
「再生・リメイク」だ。

再生すべきモノ

リメイクはカンタンなモノに限った方がいい。そしてリメイクに失敗しても後悔しない、元々捨てるはずのモノだった、と割り切れるモノを選ぶのがいい。
そしてあまり古いモノは選ばない方がいい。電気を使うモノは配線などが劣化している場合もあるし、再生したつもりがすぐに使えなくなってしまう場合もある。
ある程度見極めた上でのリメイクをオススメする。

CHANGE!

さて、我が家では1年以上履かないでいるランニングシューズ、ランシューがある。
買った当時はカッコイイと思ったけど、派手なカラーのため服装を選ぶ必要があった。そのために出番が少なかった。

銀色が目立ち過ぎちゃう

履き心地は良いので何とかしたい。出番を増やしたい。
そこて再生工場(我が家だけど)に預けた。カラーチェンジしよう。

染めQ

やり方は簡単だ。好きな色を染めQスプレーで上塗りするだけ。こだわるならロゴやら塗らないところはマスキングするんだけど、今回はオールブラックで通勤でも使えるようにする。

大雑把な性格なので、ウェットティッシュで全体を拭いて乾かし、ソールの土っぽい汚れだけブラシで払って準備完了とした。
失敗しても元々捨てるはずのモノと割りきっているから大丈夫。靴ヒモだけ外しておこう。
2月の夜はとても寒い。でも有機溶剤は体に悪いから室内では出来ない。ここはグッと我慢。玄関先でスプレーを噴いては乾かしを数回繰り返した。
で、仕上がりがこちら。

ほぼオールブラック!

カッコイイ!ツヤが出るかと思ったけど、元の素材のせいかマットな仕上がりになった。
下準備を手抜きした割にはなかなか良い。ソールの部分はおそらくウレタン系素材で、ここは汚れが落ちていなかったために塗り残しが多々ある。

大雑把だからな

でもイメージがガラッと変わった。これなら普段使いも何ら問題ない。スーツにはさすがに合わないけど、オフィスカジュアルならイケる。
そして染めQなら簡単に染まって塗った色が落ちにくいので、洗っても元の色がコンニチハすることはほとんどないだろう。
やってて気がついちゃった。このリメイク方法はデザインが良いのに好きな色が存在しない製品をカンタンにカラーチェンジできるじゃないか!
気に入った色がなければ、そもそも存在しない色にカスタムできる。これはトキメキが止まらない。
ある意味買い物革命だ。モノはいずれ飽きる。飽きても色が変えられる。これ、最高じゃないの。
いい買い物したなぁ。

スポンサーリンク
おすすめの記事