スポンサーリンク
クエン酸回路を活用せよ。エナジードリンクに頼るな。
スポンサーリンク

歳はアラフォー、身体は青春。

 

もう何年も前になりますが、学生の頃はブルーワーク(主にイベント会場設営)のアルバイトをしていました。

 

その頃からODB(おデブ)だったんですが、
若かったこともあり回復力はそれなりにあったと思います。

なので連日残業が発生しても、睡眠がとれている限りは身体を維持できていました。

たぶん今は無理ですね。当時よりは痩せていますが。

その当時、今の私の年齢(U40としておこう)くらいのスタッフの方かいました。

見た目は年齢より若い感じもあり、いつも笑顔で冗談も交えて面白い話をしてくれました。

体力ある人は違うなぁと思っていましたが、ある日こんなことを教えてくれました。

「たくちゃん、クエン酸て知ってるかい?」

名前だけは知っていましたが、何に含まれているか、具体的には知りませんでした。

ただ、どうやら体力維持にはとても良いよ、とのことでした。

若いのもその効果だったのか!

 

 

クエン酸を適度に摂る

クエン酸について、詳しいことはネットで調べればいくらでも出てきます。

私なりに簡単にまとめると、身体にはクエン酸回路というものがあって、

この回路をスムースに流れるようにすると、体内の不要な酸化物を燃焼させてエネルギー生成の効率化が可能になる、

ということです。

また酸化物がなくなることで、酸性だった身体が弱酸性、弱アルカリ性へと変化して、身体を健康に保つことができると、

まあ、そういうわけです。

このクエン酸回路をスムースにするには、クエン酸を適量摂ることなので、家庭でも比較的簡単に実施できます。

 

 

適量とされるクエン酸の量は?

諸説あるかと思いますが、やはり身体が受け付けてくれる量がいいと思います。

たとえばコーヒーなんかに砂糖を入れるとしたら、大体ティースプーン1杯なんかが目安になると思います。

入れすぎても身体には宜しくない。甘ったるいし。

ちなみにティースプーン1杯は盛り方にもよりますが大体5gくらいです。

ではクエン酸の場合はどうか。

5gは1日あたりなら許容範囲内です。

ところがこの量を1回で摂ろうとするとかなりキビシイ。

何より酸っぱいんですよ、酸性なので。

なので夏場なら1gずつ、なんならもう少し少なくして飲み物に入れて飲むのがいいかと思います。

5gという量も、疲労していない場合は多いくらいです。運動量が少ないならあまり多くしても効果的ではないと思います。

あくまでクエン酸回路をスムースにする、だけでいいと思います。

適量を日々続けると、効果が感じられると思います。私は少なめに2g/1日で、摂れたら摂るくらいのスタンスで続けています。

これと食事・睡眠のバランスに気をつけています。疲労感はゼロとはいきませんが、バテてはいないんですよね。

 

 

クエン酸は薬局で買います

身体に取り込むものですので、百均などの清掃用クエン酸はやめましょう。

薬局にいくとボトルで販売しています。用途に「酸味料」や「食品添加物」など食用できるかがが分かる記載のあるものがオススメです。

クエン酸ボトル

オススメどころかMASTですね。

一本千円くらいですので、ちょっと高いかもしれませんが高温多湿を避ければそれなりに長く使えます。

夏バテには黒ニンニクもオススメですが、クエン酸とバランスのとれた生活で更なる健康を目指してはいかがでしょうか。

エネルギーの効率化はダイエットにもつながります。

はい、健康!

こちらもどうぞ。

スポンサーリンク
おすすめの記事