スポンサーリンク
メッセンジャーバッグ、自分でできる背中の汗蒸れ対策。マウント
スポンサーリンク

ふと閃いた

↓以前の記事
バックパック、メッセンジャーバッグ、自分でできる背中の汗蒸れ対策

以前の記事からだいぶ時間は経っていますが、相変わらずメッセンジャーバッグは使っています。
ULショルダーバッグだと入りきらない場合や硬いモノを運ぶときなどは重宝しています。
最近になって背中の蒸れ対策にも有効なカスタマイズが頭に浮かんだので書き留めようと思います。

機能的デザイン、かも。

前回のカスタマイズでは車用のメッシュを、結束バンドでショルダーストラップに取り付けていました。
蒸れの解消にはかなり有効なので決して嫌いではないのですが、バッグを背負って走ったりするとメッシュの張りがバネになってバッグが跳ねるんですね。
これを解消したいなと考えていました。素材を変えてみようか、取り付け方法を変えてみようか、とか。
素材に関しては試したいものはありました。ただし素材によっては取り付け方法を考えなければならないものもあります。
オールマイティな取り付け方法なんてないかなと考えていたら、こんな方法が浮かんでいました。

ナニコレ?と思うかもしれませんが、背面側の左右両端に「ハトメ」を取り付けました。
私のメッセンジャーバッグはナイロン糸で編んだ生地が使われているので、ちょっとつまめば山折りができます。
そこで左右両端をつまんで縦方向に山折りを伸ばして3ヶ所ずつ、ポンチで穴あけしてハトメで留めました。

とても便利なはず

これで蒸れ解消対策の何かが取り付けやすくなります。結束バンドもよし、カラビナもよし、針金なんかでもよし。
この背面、スタンダードにならないですかね?マスプロダク卜にもマウントがあれば、何かを取り付けて背中が蒸れずに快適に過ごせるのに、と思います。

今回は背面のマウントについて書いてみましたが、試してみたい蒸れ解消になりそうな素材については次回記事にしたいと思います。結構、お安いアレです。
スポンサーリンク
おすすめの記事