スポンサーリンク
お皿で時短と節約。家事の効率化。
congerdesign / Pixabay
スポンサーリンク

手洗いによる食器洗い

賃貸の我が家には食洗機がない。実家にもなかったので使った経験もない。
そして食器洗いは日々行っている。結構な億劫になるときもある。
その中でもストレスに感じるのは
  • 食器のカタチがまちまちで水切りに収めるのが面倒くさい
  • メラミン系食器の油汚れの落ちにくさ

がある。

日本の食器はご飯茶碗に味噌汁のお椀、副菜の皿に洋食器とかなりサイズや形状にバラつきがある。
それだけ食事を作ってくれる家内には感謝しているが、洗うときには手間が増える。
そしてメラミン系食器。割れないのでおチビの食事はメラミン系食器で出している。

近所のホームセンターCのメラミン系食器

扱いは手軽だが、油汚れがどうにも落ちにくい。某ホームセンターで購入したものは2回洗っても油分が残るときすらある。

ストレスには道具と工夫で対処

そこで考えたのが「なるべく汚れが落ちる食器でカタチを統一する」ということだ。
味噌汁の場合は気分的にお椀が美味しく感じるのでお椀を使い、ご飯など主食と副菜をワンプレートで盛る、というスタイルを目指す。
そんな中、買い物中に気になる食器を見つけたので試しに1個だけ買うことにした。

JAN

パッと見は陶器

イノマタ「フォリオ ディッシュ(20)」がそれだ。
  • 電子レンジと食器洗浄乾燥機OK!
  • 汚れが落ちやすい防汚剤クリンベル配合
  • 材質:ポリプロピレン
  • 耐熱温度:140度
  • 耐冷温度:-20度

スペックなど

という商品だ。深型ではないがスープも辛うじて入るので割と多目的に使える。
防汚剤のクリンベルのおかげか、汚れの落ちがかなり良い。陶器に近いレベルだ。
また見た目も光沢があるので、一瞬白い陶器製と見間違えるほど。それでいて軽いし割れないので扱いが楽。
まあ、触ってみるとアレ?という感じで急に安っぽくなるけど。ちなみにオーケーストアで税抜き100円。激安だ(見た目は本当に陶器に見える)。

お皿も減らせるかも

そんなわけでこのフォリオディッシュとお椀という組み合わせで3人分なら食器は6個とお箸。調理器具を加えたとしても洗うのにさほど手間はかからない。
しかも同じサイズの皿、皿、皿、お椀、お椀、お椀という流れでシステマチックに洗い物ができるので効率もいい。同じカタチとサイズで水切りカゴもスッキリする。
収納面でもスペースの効率化が図れるということで、我が家ではこのフォリオディッシュを増量することが決まった。
これで無駄なサイズの皿が減らせるかもしれない。
もし買い物中にフォリオディッシュを見つけたら触ってみて、気に入ったら検討してみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク
おすすめの記事