スポンサーリンク
元旦から掃除するのも一年の計。NO MORE 大掃除
スポンサーリンク

今年もよろしくお願いします

気がついたら曜日感覚がなくなり、新年を迎えてしまった・・・明けましておめでとうございます。
でも大丈夫。今年も時短や簡単な様々なハックを考え、見つけてシンプルに暮らせばいいだけだ。
手始めに来年は大掃除をしなくても済む「チョイ掃除」をやってみよう

大掃除はしない、掃除の習慣化

大掃除が億劫なのは普段あまり掃除をしない場所を掃除するからだと思う。そしてそこは普段から掃除すればさほど気にならないものだ。
先月、つまり昨年末は日頃の掃除しかしていない。でも一箇所気になっていたけど結局掃除しなかった場所がある。換気扇のフィルターだ。
早速元旦から掃除をしようと思う。大丈夫、簡単だ。簡単なものは簡単に習慣化できる。そして年末に大掃除する必要もなくなる。最高じゃないか。

オレンジ様

以前は記事にもしていた通り、換気扇の掃除には重曹を使っていた。重曹と水を合わせてペースト状にしたものを換気扇のフィルターに塗って放置した後にお湯で流すやり方だ。
今回はさらに上のテクニックを紹介する。知人がケミカルに詳しく、換気扇の掃除について聞いてみたところ、「それならオレンジオイルを試すといいよ」とのこと。
ちなみにオレンジオイルの成分含有量はお値段に比例する、とも言っていた。ホームセンターに行ったところ、これは良さそうだというのがいくつかあったので、ひとつお試しで買ってみた。
1本1,000円と洗剤としては高いけど、簡単に油汚れが落ちれば時短になるからそれでいい。

スーパーオレンジ

さて掃除手順は簡単だ。フィルターを外してスプレーを吹き付け、全体になじませたら10分程度放置。後は水で流して乾かすだけ。
洗剤自体も強力なのでビニール手袋の装着が望ましい。手袋なければ洗剤をなじませる際はアルミホイルを使うなどして洗剤が手にくっつかないように注意すること。かなり手が荒れます。

掃除前

ホコリが油に溜まってる

スプレーして

アルミホイルで全体になじませる

10分くらい放置したら水で流す

この記事を書き始める前に洗剤をなじませる作業を実施。さっと洗い終わって今はシンクで水を切って乾かしているところなんだけど、作業の正味時間(手を使った時間)としては2分もかかっていない。楽チンだ。でも水切りは時間がかかるね。待てない人はドライヤーで乾かしてください。

で、汚れは?

で、結果としてはこんな感じ。ゴシゴシやらずにここまで落ちる。

キレイ

排水口メッシュに落ちた汚れが引っかかってた

というわけで時短に成功です。新品の状態とはいかないけど、これなら月1で楽にできる。賃貸だからこそ無駄に掃除時間を取りたくない。換気扇掃除を習慣化できるこの洗剤はおすすめです。
スポンサーリンク
おすすめの記事