スポンサーリンク
お前んち暗くない?明るさ向上フィルムやってみたら?
分かりにくいかも。一応サンプル
スポンサーリンク

以前の記事

結論 オプション可能

以前の記事で北側3方囲みの我が家を明るくする方法をいくつか挙げたんだけど、その1つが3Mの「明るさ向上フィルム」だ。

明るさ向上フィルム

通常の壁紙と異なり、反射率が90%を超える。光は反射する毎に明るさが減っていくそうだけど、この明るさ向上フィルムは5回反射を繰り返しても明るさを元の70%くらい維持出来るとのこと。
県民共済住宅の標準仕様では選べないが、オプションは可能であることが分かった。

特殊な壁紙らしい

我が家はそんな暗い環境なので、明るさは常に意識している。そんなこんなで現場監督さんに聞いてみた。
たまたま施工業者さんは実績があったので、対応してくれることが判明した。
ただし、通常の壁紙と施工そのものが異なり、壁紙の施工業者によっては実績がないところもあるようで、その場合は断られる可能性もある。施工には通常より時間がかかるとも教えてもらえた。やはり特殊なのかな。
そして価格。オプション価格では1㎡あたり8,000円となる。3m✕3mのリビングで天井だけ施工するという場合は面積が9㎡なので72,000円となる。
標準仕様の壁紙なら追加費用がかからないことを考えると結構高額になる。

色んな意味で見た目が大切

明るさは明るさ向上フィルムでかなり効果が高まるのではないかと思う。明るさだけを追求するなら確実な選択肢だろう。
その他の見た目としては、自然素材風(織目調や木目調なんかね)の壁紙と比較するとなんというか「オフィス感」が強いかと思う。
反射率90%以上という点を考えると、その割に光沢はない。むしろマットだ。ただどちらかと言えば商業施設に使われている壁紙だけに温かみがあまり感じられない。

分かりにくいかも。一応サンプル

なので全面に施工して「明るくて落ち着く」部屋というのは成立しないかもしれない。施工したとしても天井だけというのが良さそうだ。
この辺は人それぞれなので感覚に任せるけど、我が家は素材感から明るさ向上フィルムより「光拡散系カーテン」の方が良いのかなぁ、と考えています。
ちなみにサンプルは3Mから取り寄せ出来るようです。気になる方はご検討ください。

時間があればこちらもどうぞ。

スポンサーリンク
おすすめの記事