スポンサーリンク
お酒は要らない。いろいろともったいないから、やめました。
スポンサーリンク

酒が弱い

これまでお酒で困ったことはありますか?私はお酒が強くないのであまり飲めません。
仕事上で飲まなければならないときも、最小限ですむようにしていました。飲んだらすぐトイレに行くとか、飲ませたがる人とは距離を置くとか、ちゃんぽんしないとか。
酒が弱いと二日酔いなどのダメージが毎回のようにあります。ただし飲んでいるときから「あ、これ以上は本当にやばい」がわかります。
でも酒が弱くてよかったと思いますね。もし酒が強かったら、気が付かないまま飲み続けられるでしょう。いつか弊害が表面に現れるとも考えずにね。

酒は百薬の長。でもね・・・

お酒のすべてが悪いとは私は思いません。女の子と喋る機会をくれたり、友人や仕事仲間とさらにいい関係ができるきっかけになったり、人と人をつなげるための見事なツールだと思います。
人によってはつながることなく破壊することもあるんでしょうけど。
でも飲み過ぎや依存するようになると間違いなく体に悪いです。「酒は百薬の長、されど万病のもと。という、殆どの人は前半までしか知らない、あとで痛い目をみる薀蓄があるわけです。私も若い頃は知りませんでした。
お酒は二十歳になってから、という聞き慣れたフレーズがありますが、あれは若いうちにアルコールを摂取すると脳が萎縮するからだとは聞いたことがありました。
ところが脳の萎縮は年令に関係なく、酒を呑むことで発生しているそうです。
飲まないほうがいいですね。
他には認知症。食道がん、咽頭がん、膵炎、脂肪肝、肝硬変、高血圧、不整脈、アルコール性心筋炎、なってからでは手遅れなものが多いと思いませんか?摂取量や体質でも違いはあるでしょうが、酒が起因しているには違いないわけです。

優雅な時間?とんでもない。

家で晩酌、素敵なお店でゆったりと、などとお酒を飲むシチュエーションは様々ですが、個人的には時間の浪費です。
酒が弱く、我が家にはおチビがいるので特にそう思うわけですが、酒を飲んでしまうと眠くなってやる気が起きず、おチビの相手もできなくなるし、ボケーッと時間が経ってしまいます。さらに思考力の低下ばかりか判断力が恐ろしいほど低下します。ヤフオクとか危険です。
幸い酒を飲んで明るくなるようで、人に迷惑をかける性質ではないようですが、お店で飲めばそれなりに出費してしまうわけで家計には迷惑。個人的に飲むならまだしも、仕事絡みで聞きたくもない情報やどうでもいい話をされるというのなら時間のムダ。
体壊して医療費がかさむならとてつもないムダ。肝硬変などは気づかないうちに末期症状まで進んでしまうようですしね。

家でも外でもドリップコーヒーで充分

そんなわけで私はコーヒーを適量飲むことにしています。これも飲み過ぎは体に害ですが、思考力は落ちません。
あいつは酒の付き合いが悪い、なんてことになりますがどうでもいいです。こちらは充分楽しんでますし、酒がないと作れない関係性など不要です。
酒を否定するつもりはありません。私の周りの友人には酒好きが多いですし。でも私には必要ないと思ってお酒をやめました。その結果、ムダな時間が減ったと思います。
せっかくだからもっと色々考えて豊かな暮らしをしたいと思います。ローコストでね。
スポンサーリンク
おすすめの記事