スポンサーリンク
子どもの歯磨き嫌いを改善できた。たった980円でできること
スポンサーリンク

魔の2歳児を抱える我が家。いろいろと大変な中でも結構堪えるのが食後の歯磨きだ。
自分じゃやらないしパパままでも手こずる歯磨きなのに、
自分からやってくれるようになった「あるモノ」のお話。

歯磨き嫌いの原因は、多分たくさんある

我が家はおチビ娘が毎日やかましいくらいに元気だ。ありがたいが着いていけない時もある。
こと歯磨きに関しては毎日戦争だ。口を開けない、歯ブラシを噛んで離さない、えび反りするなど、あらゆる手段で妨害する。
おチビが歯磨き嫌いなのは、おそらくもっと小さい頃にやったブラッシングが強くて痛かったからだと考えている。
丁寧にはやっていたつもりだけど、それ以上におチビのお口はデリケートだったということだろう。
他にも原因があるかもしれないが、実際のところはよくわからない。ただ歯磨きが嫌いというのは本人の口から聞いている。いいんじゃない?正直で。
ここは道具に任せよう
先日久しぶりにコストコに行った。暫くぶりなので、家電やアウトドア関連などチェックは多岐にわたる。結構欲しいなと思うものに出くわした。でも本当に欲しいのはわからなかった。今じゃないんだと思う。
良くも悪くもせっかく来たことだし、何か買って帰ろうと思った矢先に目に飛び込んできたものがあった。「可愛らしい電動歯ブラシ」らしきパッケージだった。見つけた次の瞬間には手にしていた。本能かもしれないな。
こどもハピカ

うさぎさん。

単三電池内蔵の電動歯ブラシ「こどもハピカ」だ。スペアブラシも8本付いていて、税込980円なら安いんではないか。ちなみに歯ブラシケースと「変身シール」という4つの顔デザインのシールが付いている。シールは早速冷蔵庫に勝手に貼られたが。

へんしんシール。

久々の買い物だった。

取られた

帰宅しておチビに見せてあげた。すると早速興味津々のおチビ。なんと自分でハーミー(歯磨き)やる〜!とノリノリだ。
渡した途端にシールを奪われ、本体を奪われ、お気に入りのぬいぐるみにブラシを当て出した。そっちじゃない。
実際には振動が心地良いのか、「これ怖くない」って言ってる。パパママの真似で自分で歯磨きをし始めた。すごいぞハピカ!さすがに仕上げは親がやるけど、ここまで積極的に歯磨きをしてくれるとは。

子供用電動歯ブラシが手に入るなら買ってみたほうがいいです。最初は時間がかかるけど、拒絶されて時間がかかるのとはわけが違う。今回はコストコで安く買えたので「こどもハピカ」をオススメしておきます。

スポンサーリンク
おすすめの記事