スポンサーリンク
こんなに!引っ越しついでにやらなきゃいけないこと
スポンサーリンク

相変わらずバタバタしている。
家の片付けは落ち着かないけど放置。
それよりやっておくことが多いこと多いこと。

届け出る

引っ越したら何が変わるか。やっぱり住所だね。なにせ引っ越しですから。
住所が変わったら、変更を届け出ないといけないものがたくさんある。
まだ終わっていないのもあるから忘備録的に書いておこう。

最初に転居届

私の場合は同一市内に引っ越したので「転居届」を役所で書いた。市外に引っ越す場合は「転出・転入届」が必要だね。まずはこれを申請する。
ついでに役所でできることをやっておく。マイナンバーも住所変更だ。これは本人でなくとも代表者本人なら家族分の申請ができた。印鑑もいらない(転居届も印鑑不要だった)。
そして印鑑証明に登録してある住所も変更する。家は建って住宅ローンの手続きは完了した。銀行やらの高額なサインはもうしないけど、このタイミングで変更しておけば無駄がない。
続いて住民票だ。これは結構使う。私の場合は

  • 免許証の住所変更(確認後、返却)
  • 会社での住所変更(コピー可)
  • 登記関連(委任)の申請
  • すまい給付金の申請

といったところか。

取り急ぎ役所はこれくらい。この流れで郵便局で住所変更。申請後4,5日はかかるけど、これで旧住所への郵便物は転送される。
上にも書いたけど、運転免許証の住所変更は最重要だ。なぜなら身分証明書になるので、クレジットカードの登録やカード紛失・破損など発行するときに確実に必要になる。
それから銀行。メインバンクだけでなく、口座のある銀行はすべて住所変更しないとね。キャッシュカードは変えなくてもいいけど、今後手続きがあるときに書類が郵送されないなんてことは避けたい。
それからネットショッピングの登録情報。住所変更しておかないと請求はもちろん、買い物した商品がちゃんと届かなくなるよね。
あとクレジットカードもそうだ。とくに有効期限が迫っているなら、すぐに申請しないと。新しいカードが届かないからね。
そうそう、免許証を証明書に使う場合は画像としてアップロードすることで即座に申請が完了する場合がある。カード関連の申請がそうだ。だから免許証が重要。平日しかできないのが難点だ。

あせらない

クレジットカードの期限が迫っていなければ、あせらず対応すればいいと思う。大して問題はない。でも時間は有限だから、急ぐというよりは効率よく、がいいね。
うちは引っ越しの日にある程度済ませたので、バタバタはしたけど効率よく立ち回れた。引っ越す前からやることがわかっていれば、もっとゆっくりすることができたけど、これでよし。大体のことは問題ないし小さいことだ。そんなもんだ。
のんびりしすぎて「すまい給付金」の申請を忘れることのないように気をつけよう。
今日はここまで。
スポンサーリンク
おすすめの記事