スポンサーリンク
スポンサーリンク

俺、色白。焼きたくない。

こんにちは。暑くなってきましたね。太陽光発電は稼ぎどきでしょうか。

太陽、眩しいですね。サングラスが手放せないです。

 

私は色白なので日焼けが苦手です。日焼けすると肌が真っ赤になって火傷手前の

ヒリヒリが続くんですね。

 

なので真夏も長袖のシャツなんかを着ています。男だって日焼けしたくない人はいるんです。

暑いからそれなりに対策は必要ですけど。

 

ところで焼きたくない人は日焼け止めが必須かと思いますが、

日焼けは肌の露出だけが原因ではないんですってね。

 

人間は頭がいい。高機能すぎて日焼けする

はぁ?頭がいいから日焼けするとか意味わからん、と思います。

私もそう思います。でもそうなんですって。

 

太陽、眩しいです。そして有害な紫外線は見えてません。

でも、確実に目から紫外線は入ってます。

 

そもそも肌が日焼けして黒くなるのはメラニン色素が皮膚ガンなどのトラブルを回避する、

いわば自己防衛機能なのだそうですが、

 

目から紫外線が入ると体が紫外線を浴びていることを脳が認識してメラニン色素を作ろうとする、

つまりこちらも自己防衛機能が働くそうです。

 

すごい機能ですよね。でも私はサングラスが手放せません。

 

え?目から得た情報でメラニン色素が体を守ってくれるなら、サングラスしないほうがいいんじゃないの?

 
って思うかもしれませんが、私は人より眩しさ耐性が低いんだと思います。春先でも太陽の眩しさで目が眩むんですね。

それとせっかくの自己防衛機能ですが、目が紫外線を浴び続けるとそれはそれで白内障など目のトラブルに見舞われることもあります。

やっぱりサングラスは必要なんです。

サングラスのリスク

サングラスは白内障などのリスクを抑える一方で、別のリスクが考えられます。

例えば前述のメラニン色素による、自己防衛機能。これを抑えてしまうので、サングラスをかけるなら日焼け止めクリームなどで皮膚が紫外線に曝されるのを防がなければなりません。

サングラスと日焼け止めクリームはセットですね。

さらにサングラスの質にも気をつけなければなりません。

ちょうど先日、サングラスのテンプルのお尻部分のゴムが千切れたので買い替えようと思っているんですが、

お値段で揺れています(笑)

サングラスの質、レンズ。安物は気をつけろ

さあ、手頃なサングラスに買い替えるぞ、と思っていた矢先のことです。

TV番組のソレダメってのを観てたんですが、
それによるとサングラスのレンズには大きく2種類の紫外線カット(UVカット)処理がされているようです。

ひとつはレンズそのものにUVカット処理したタイプと、

もうひとつはレンズ表面にUVカットコーティングを施したタイプです。

ついでに言えば、どちらのタイプにも属さないサングラスはただの色眼鏡です。サングラスとは呼べません。

で、注意したいのはUVカットコーティングのレンズには寿命がある、ということ。

コーティングをイメージするなら、黒いガラスの表面にクリアのスプレーを上塗りしている状態、でしょうか。

このUVコーティングは5年程度で剥がれてしまうそうです。

コーティングが剥がれたサングラスは、つまり黒い色眼鏡です。

て、黒い色眼鏡の何がいけないかということですが、目の前が暗くなるので眩しくはないのですが、

目から「暗い」という情報を得た脳が視界を良くしようと瞳孔を広げてしまうので、紫外線が余計に目の奥まで届いてしまいます。

これによって白内障など目のトラブルのリスクが非常に高くなります。

安物のサングラスレンズには、このUVカットコーティングタイプのものが多いそうです。

とはいえUVカット処理のレンズを使ったものかどうか、判別は難しい、だな。

ネットでお得に買いたい、ならば細心の注意を!

本来なら実店舗で店員に相談して、さらには試着も必ずしたうえで購入すべきなんですが、実店舗で気に入るものがなかったり、高すぎて買えないなんてこともあります。

私も実店舗でサイズが合うものがなかなか見つからず、結局ネットで探しているというのが現状です。作るにはお金がかかりすぎる。

ネットで買うならセールとはいえ極端に定価から乖離した安値の商品には手を出さないこと。

仮に有名ブランドやメーカーモノでも何か理由があるかもしれません。

そして写真が充実していてもしっかりテキストを読むこと。

この文章、なんか日本語がヘン、てのは大抵はチャイナから入ってきている安心できないシロモノです。

ただこの手のシロモノに限ってお値段が実に心に響く(笑)。

出来る限り正規品を扱うショップを探し、ショップに商品の確認するのがいいかもしれません。

それと確実性を求めるならメーカー確認も必要ですね。ただし無名のメーカーやブランドは確実性に欠けるかもしれません。そういうところは目先の利益しか考えずに売りつけてくるかもしれません。

とまあ、いろいろ物色していますが、サイズが合ってサイクリングにも使えてタウンユースもできてUVカットレンズでお値段ソコソコなんてのが高ハードルのようで、なかなか巡り会いません。

今日も物色、するんだろうなぁ。

スポンサーリンク
おすすめの記事