スポンサーリンク
行動力を生み出す最もシンプルな方法。家でも外でもこれです。
スポンサーリンク

たぶん究極

生きていくにあたって必要なものは行動力と判断力。あとは知識と情報。いろいろ必要ですが行動力がもっとあればいいのにって思います。
ところでこのブログは元々「腹八分目」という名前で始めました。
いまはウルトラライトやシンプルライフを目指すための備忘録的なものになっていますが。

で、行動力においてそれを生み出す最もシンプルな方法は「腹八分目」だと思います。

どういうことかというと、八分目、つまり80%は満たされている状態です。ところが残りの20%は空なわけです。この「満たされない」状態が、たぶん秘訣。

どうやって行動力が生み出されるのか

完全に個人的な解釈ですが、やはり「欲求を満たさない」ことが行動力に大きく影響していると思います。満たすために行動を起こすという感じ。
例えば食欲。これこそ腹八分目がわかりやすいと思いますが、腹十分目という満腹状態を考えてみます。
食べる前は食欲旺盛。食欲を満たす行動(=食べる)を起こします。お腹いっぱいになった時点で当然もう食べられない状態なので食欲はなくなります。
この時欲求は満たされ、さらに身体も脳も食べたものを消化するためにフル活動していますので、横になりたいし動きたくなくなるし、思考も楽な方向にしか考えられなくなります。
別の行動にも移せない状態。どうでしょう、行動力がなくなってますね。
ところが腹八分目なら食欲は満たされないため即座に行動できる状態。
もっと食べたいという欲求はあるものの、このとき他に何かやりたいこと=欲求さえあれば他の行動に移すことができます。
では物欲ではどうか。欲しいものがまんま手に入る状況と、ちょっとお金が足りなくて手が届かない状況。
前者は欲求が満たされると思いますが、満たったらそこで終わり。満足な状態で悦に浸るだけの行動しかできなくなります。後者は満たされないまま。
どうしても必要なのかどうかにもよりますが、後者は手に入れるために何かしら考えます。この思考は少なからず行動力につながります。
そして行動することによって都合の良い方向へ物事が動き出せば楽しくなるのでさらに行動力が増していきます。
まあ、行動の結果欲しいものが手に入ったとして満たされてしまいます。でも「飽き」がいずれやって来ます。そのときには別の行動力が湧いてくるかもしれませんね。
私の場合は「これ欲しいな」と「モノを持ちたくないな」という相反する欲求が常にあるのでなかなか満たされないのですが。

とりあえず満腹にはなるな

そんなわけで、私は満腹にならないように食べ方に注意しています。腹八分目だと食べた後にすぐ食器を洗う気になれます。
早く片付けば他にもやりたいことに手が出せる。しかも意外と後から満腹「感」は味わえる。
おチビを育てながらだとどうしても時間が思うようにならないので、結構小さいことだけど重要です。身体も満腹よりは軽くなるし、いいと思ってます。
行動が行動力の発生につながっていくことがまあまああるので、これも習慣化したいものです。

もう面倒くさくないさ

スポンサーリンク
おすすめの記事